優れたマネジャーの条件とは? | 最高のマネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

MENU

優れたマネジャーの条件とは? | 最高のマネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

 

書籍「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」では、

 

優れたマネジャーの条件

 

として「最高のマネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」に言及しており、優れた成果をあげるマネジャーは全員が共通して

 

部下一人ひとりの特色を発見し、それを有効に活用すること

 

という「たったひとつのこと」を必ず実践していると述べられています。

 

優れたマネジャーは「優れたリーダー」とは逆の立場をとり、人はそれぞれ違うという真実に着目して部下一人ひとりの能力を最大限に引き出すのです。(参考記事:⇒優れたリーダーの条件とは? | 最高のリーダーがいつも考えているたったひとつのこと

 

また、書籍「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」ではマネジャーが部下について必ず知るべき3つのこととして

  1. 強みと弱み
  2. 引き金(モチベーション源)
  3. 学習スタイル(「分析」か?「行動」か?「観察」か?)

を挙げると共に、それらを見極めるために役立つ質問として

【強み】を見極める質問

  1. ここ3ヶ月で、仕事が一番楽しかったのはいつか?
  2. そのとき何をしていたか?
  3. なぜそれがそんなに楽しかったのか?

【弱み】を見極める質問

  1. ここ3ヶ月で、仕事がつらかったのはいつか?
  2. そのとき何をしていたか?
  3. なぜそれがそんなにつらかったのか?

【引き金】を見極める質問

  1. いままでで一番うまくいったマネジャーとの関係は?(なぜうまくいったのか?)
  2. いままでに褒められたり、認められたりしたなかで一番心に残っているのは?(なぜそれほど心に残ったのか?)

【学習スタイル】を見極める質問

  1. これまでの仕事で、一番何かを学んでいると思ったのはいつか?
  2. なぜ多くを学んだのか?
  3. あなたにとって一番の学習スタイルは?

といった質問の具体例も紹介しています。

 

もし、あなたが優れたマネジャーを目指すならば、書籍「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」の中でもとりわけ「第3章 すぐれたマネジャーはチェスをする」の内容はご自身でご一読されることをおすすめします。

 

「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」書籍リンク

アマゾン 楽天ブックス オーディオブック

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ストレングスファインダーまとめサイト - トップページ

 

【人気の関連記事一覧】


スポンサードリンク

関連ページ

優れたマネジャーは部下一人ひとりの強みに注目する
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
マネジャーが部下の【強み】に意識を向けると、職場に不満を持つ人は全体の○○%になる!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
「さあ、才能に目覚めよう」は管理職の必読書!ストレングスファインダーは管理職こそ活用すべき!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【マネジメント】と【リーダーシップ】の違いとは?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【要約】まず、ルールを破れ すぐれたマネジャーはここが違う
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!