器用貧乏な人の特徴と、SF診断を活用した器用貧乏からの脱出方法について

MENU

器用貧乏な人の特徴と、SF診断を活用した器用貧乏からの脱出方法について

 

この記事では、

 

器用貧乏な人の特徴と、SF(ストレングスファインダー)診断を活用した器用貧乏からの脱出方法

 

について紹介しています。

 

器用貧乏とは

器用貧乏とは、

  • 器用で何でもできるが、一つの物事を極めることなく中途半端で終わってしまうこと
  • 何でも器用にそつなくこなせるために周囲から色々な物事を頼まれてしまい、自分のしたいことやすべきことがおろそかになってしまうこと

を指す言葉で、一般的にはよくない意味で使われることが多い言葉と言えるでしょう。

 

そんな「器用貧乏な人の特徴」について、以下で説明します。

 

器用貧乏な人の特徴

一般に「器用貧乏」と呼ばれる人には、以下のような特徴があります。

【器用貧乏な人によく見られる特徴リスト】

  • 苦手が少なく、何でもやればできてしまう
  • 要領がよく、どんなことでもそつなくこなすことができる
  • 物事にあまりこだわりがなく、執着心が少ない
  • 自分の意見をあまり主張せず、周囲に迎合しやすい
  • スペシャリストという評価よりも、ゼネラリストという評価を受けやすい

 

以上の器用貧乏な人の特徴をまとめると、

 

苦手が少なく何でもそつなくこなせてしまうがゆえに周囲から色々なことをお願いされやすく、自分の意見を主張できずに流されてしまう人

 

と言えるでしょう。

 

良く言えば

  • 何でもできる人
  • 周囲から頼られる人柄
  • オールラウンダー

と言えますが、人によっては

  • 取捨選択ができない人
  • 自分の意見が無い人
  • 武器になるような一芸を持たない人

ととらえるかもしれません。

 

もし、あなたが「自分は器用貧乏だ」と感じており「器用貧乏な状態から脱出したい!」と考えるのであれば、ストレングスファインダー診断を活用することがその一助になります。

 

ストレングスファインダー診断を活用した器用貧乏からの脱出方法

 

ストレングスファインダー診断は、

 

あなたの才能・資質を判定し、あなたが注力して伸ばすべき能力

 

を明らかにしてくれる才能診断テストです。

 

器用貧乏な人は、「何でもそれなりにできてしまうがゆえに、本当に才能がある”注力して伸ばすべき能力分野”を見極められていない」というケースが多いため、ストレングスファインダーで客観的に資質・才能を判定することによって、

 

色々できる中でも”本当に注力すべき能力分野”を明確にすること

 

が効果的に働きます。

 

例えば、あなたがストレングスファインダーを受けて【収集】という資質・才能を持つと診断されたなら、【収集】の資質の特徴の情報とともに、

  • 溜め込んだ情報を整理するための方法を考案する。
  • 溜め込んだ情報のアウトプットを意識する。
  • 専門分野を明確にし、その道の権威を目指す。
  • 定期的に新たな知識を取り込むことをスケジュール化する。

といった【収集】を持つ人が高い成果を出すための行動アドバイスが提示されます。それらのアドバイスに従うとともに、あなたの資質・才能に関連しない頼まれごとについては上手に断る術を身に付けることが、器用貧乏から脱出する上で重要になるでしょう。(参考記事:【収集】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス

 

まとめ:器用貧乏な人の特徴と、SF診断を活用した器用貧乏からの脱出方法について

器用貧乏は必ずしも悪いことではありませんが、あなたが人生で成功を収めたいと考えているのであれば「周囲に迎合しすぎて自分のことをおろそかにしてしまう」という器用貧乏の特徴はデメリットになってしまう可能性が高いでしょう。

 

自分を「器用貧乏」と感じるあなたは「何でもやれば出来る、高い能力を持った人」である可能性が高いでしょう。しかしながら、あなたが出来てしまう「何でも」の中には、「あなたが本当に得意で高い成果が出せること」と「他の人にまかせてもそれほど成果が変わらないこと」があるはずです。

 

世界的に高い評価を受けている才能診断テスト「ストレングスファインダー」は、あなたが本当に注力すべき物事を明らかにしてくれるため、その結果を活用することは「器用貧乏からの脱出」への大きな力になります。

 

この記事が、ご覧くださった方のお役に立ったのであれば嬉しいです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ストレングスファインダーまとめサイト - TOP

 


スポンサードリンク