あなたの弱みを克服する5つの対処法とは? | ストレングスファインダー

MENU

あなたの弱みを克服する5つの対処法とは? | ストレングスファインダー

 

この記事では、ストレングスファインダー(&フルレポート)で明らかになるあなたの【弱み】(下位の【強み】)に関する、

 

あなたの【弱み】(下位の強み)を克服する5つの対処法

 

についてまとめています。

 

まず、第一に注意していただきたいことは

 

あなたの【弱み】が、優れた成果をあげるための妨げになることは少ない

 

ということです。

 

もしあなたにいくつかの【弱み】があったとしてもそれを上回る【強み】を伸ばして活かすことで、仕事で高い成果を出すことは可能であり、基本的にはそのような戦略をとるべきです。あなたの才能の欠落によって生じる【弱み】を鍛えて”それなり”にしたところで、それが成果に繋がるような大きな価値を持つことはほぼ100%無いと思ってください。

 

それでも、「才能に恵まれない業務分野に身を置かざるを得なくなった」などの

 

あなたの【弱み】が日常で頻繁に顔を出す状況

 

に置かれてしまったような場合には、下記に示す【弱み】を克服するための5つの対処法をお試しください。

 

【弱み】を克服するための対処法その1: 少しでもよくする

 

あなたの上位の【強み】に、【コミュニケーション】【共感性】【規律性】【責任感】のどれもが無い場合などは、仕事において最低限要求される

  • 自分の意見を相手に伝える
  • 相手の話に耳を傾ける
  • 約束を守る
  • 自分の行動に責任を持つ

といった行為に支障をきたす可能性があり、それによってあなたの【強み】すら阻害する可能性が出てきます。
そのため、上記の行為への支障があなたの【弱み】によって生じている場合においては、少しでも良くするための努力が必要になります。

 

なお、【弱み】を少しでも良くするために努力する場合は、下記の

  • 【弱み】を克服するための対処法その2: サポートシステムをつくる
  • 【弱み】を克服するための対処法その3: 【強み】の力で【弱み】に打ち勝つ

も活用するとより一層効果が高まります。

 

【弱み】を克服するための対処法その2: サポートシステムをつくる

 

アラーム設定や張り紙(ポストイットなど)、周囲への宣言やSNS活用などによる「苦手な行為を強制的に行わなければならなくなる仕組みづくり」を行い「【弱み】を補うためのサポートシステム(習慣)」を身につけることで、あなたの【弱み】に対処しやすくなります。

 

あなたが持つ「仕事に支障をきたしうる【弱み】」を明らかにし、自分にあった方法で【弱み】が現れないようにサポートするシステムを構築しましょう。

 

※例えば、私は【目標志向】に劣るため、気がつけば目の前に現れる緊急性の高い仕事ばかりに集中してしまいます。そのため、週に一度必ず日を決めて「一週間単位の目標」を立てるようにルール決めをしています。また、【コミュニケーション】に劣る点は、「職場に着いたら必ず誰かとまず最初に会話すること」を自身にルール付けすることで補っています。

 

【弱み】を克服するための対処法その3: 【強み】の力で【弱み】に打ち勝つ

 

あなたの【弱み】をあなたの【強み】によって補えないかを考えてみましょう。

 

あなたの【強み】が持つ絶大な力を上手に活用することで、【弱み】に打ち勝つことが可能です。

 

※例えば、私は【目標志向】には劣りますが【学習欲】や【収集】には優れているため、目標設定に関する書籍などを読み、自分にあった目標設定法を身につけることで【弱み】を補いました。

 

【弱み】を克服するための対処法その4: パートナーを見つける

 

自分の【弱み】を潔く認め、あなたの【弱み】を補ってくれる【強み】を持つ人に助けを求めてみましょう。

 

ストレングスファインダーの卓越した実践者は、自分の【強み】だけでなく【弱み】についても理解し、さらには「それを誰が補ってくれるのか」まで把握していることが多いです。

 

お互いの【弱み】をお互いの【強み】で補い合える人間関係を築くことで、あなたの成功が大きく近づきます。

 

【弱み】を克服するための対処法その5: とにかくやめてみる

 

あなたの【弱み】を認めるとともに、それをすっぱり諦めて周囲に敗北宣言をしてしまうことで驚くほどの効果が現れることがあります。

 

私には○○の能力がないから、それを考慮してほしい」と周囲に宣言してしまうことで、逆に周囲から信頼や尊敬を勝ち取ることは驚くほど多いようです。

 

※もし、この戦略をとる場合はただ「○○はできません。やりません。」と言うのでは無く、「それを考慮して○○してもらいたい」「逆に、私は○○なら高い生産性を発揮できる」と自ら改善提案をするように心がけると良いでしょう。

 

あなたの弱みを克服する5つの対処法とは? まとめ

 

この記事では

 

あなたの【弱み】(下位の強み)を克服する5つの対処法

 

についてまとめました。

 

  • 【弱み】を克服するための対処法その1: 少しでもよくする
  • 【弱み】を克服するための対処法その2: サポートシステムをつくる
  • 【弱み】を克服するための対処法その3: 【強み】の力で【弱み】に打ち勝つ
  • 【弱み】を克服するための対処法その4: パートナーを見つける
  • 【弱み】を克服するための対処法その5: とにかくやめてみる

 

といった5つの【弱み】対処法を実践することで、あなたの【弱み】を克服するとともに【強み】をよりいっそう輝かせることが出来るようになるはずです。

 

この記事が、読んでくださった皆様の【弱み】への対処にすこしでも役立ったならば幸いです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【追記】

 

なお、本記事の冒頭でも述べていますが、ストレングスファインダーの基本理念において「弱み・短所の克服」は「強み・長所の活用」に比べてさほど重要ではないということは決して忘れないでください。

 

実際、ストレングスファインダーをただ受けただけでは「あなたの上位5つの強み」の情報しか提供されず、ストレングスファインダー診断受診後に「ストレングスファインダー・フルレポート」を別途取得(74米ドルの追加費用が必要)しなくてはあなたの弱み・短所(下位の強み)を知ることはできません。

 

まず第一に、【ストレングスファインダー】や【グッドポイント診断】によって得られる「あなただけの【強み】」について深く知り活かすことが、あなたが人生で成功を収める上で何よりも重要です。

 

 

ストレングスファインダーまとめサイト - トップページ


スポンサードリンク