チャレンジキャリアシートの質を向上させるストレングスファインダー活用法

MENU

チャレンジキャリアシートの質を向上させるストレングスファインダー活用法

 

一部の企業で採用されている目標管理方法に

 

チャレンジキャリアシート

 

と呼ばれるものがあります。

 

この「チャレンジキャリアシート」は、自身の役割を明確にするとともに、

  • 自身の役割に応じた目標
  • 設定した目標を達成するための行動

を具体化することで特定期間の目標達成を促進するための手法ですが、この「チャレンジキャリアシート」の質を向上させる際にもストレングスファインダーが活用できます。

 

具体的な活用法としては、

 

ストレングスファインダーを受けた後に提供される「行動アイデア」をチャレンジキャリアシートに盛り込む

 

ことです。

 

なぜこの方法が有効なのかというと、チャレンジキャリアシートの項目の1つである「目標を達成するための行動」を書く際に、ストレングスファインダーで診断されたあなたの才能・資質に応じた「行動アイデア」を盛り込むことで、チャレンジキャリアシートがより”あなた”に特化したものにカスタマイズされ、

  • あなたの才能・資質を考慮したチャレンジキャリアシートが作れる
  • 目標達成のための行動を日常で実施しやすくなり、成果が上がりやすくなる
  • 日々の仕事の中であなたの”強み”が活かしやすくなり、仕事の質が向上する

といったメリットが得られるからです。

 

例えば、あなたがストレングスファインダーを受けた結果、【学習欲】という資質・才能があると診断された場合、

  • 職場で活用できる新たな技術を学び、関連資格を取得する
  • 学んだ技術を、周囲に展開して職場全体としての向上を図る
  • 社内の研修プログラムに参加し、専門知識を高める

といった行動が「あなたが成果を出しやすく、かつ自然に行える行動」となるでしょう。(参考:⇒【学習欲】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス

 

ストレングスファインダーを開発したギャラップ社は、「あなたが自然に行うことができ、かつ仕事で高い成果を出すために活用できる能力」を「資質・才能」と定義しており、社員1人1人がそれらの資質・才能を仕事の中で”強み”として発揮することこそが社員が成長しつつ企業も高い成果を出すために必要な条件と考えています。

 

是非、あなたの「チャレンジキャリアシート」の中に「あなたの”強み”を日常で活用しやすくなる行動目標」を盛り込むことで、企業に高い成果・価値をもたらしつつ、仕事を通してあなたも活き活きと成長してください。

 

この記事が、ご覧くださった方のお役に立ったのであれば幸いです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ストレングスファインダーまとめサイト - TOP

 


スポンサードリンク