ストレングスファインダーの34の強みが属する4種類の領域とは?

MENU

ストレングスファインダーの34の強みが属する4種類の領域とは?

 

ストレングスファインダーで明らかになる34の強みを「リーダーシップ」という観点で分類すると、

  • 実行力
  • →アイデアを「捕まえて」現実のものにする能力

  • 影響力
  • →グループの主張を確実に周囲に伝える能力

  • 人間関係構築力
  • →グループ全体をまとめ、より大きな力へと変える能力

  • 戦略的思考力
  • →常に先を読み、筋道を立てて集団を導く能力

 

の4種類の領域にカテゴライズされます。

 

これら4つの領域に対する34の強みの対応は以下のようになっています。

 

 

書籍「ストレングスリーダーシップ」の記述によれば、一人で何でもこなせる「絶対的なリーダー」や「卓越した個人」がいるチームよりも、それぞれの領域に秀でた力を持った「個人の組み合わせ」によって団結した強固なチームは、はるかに高い成果を上げるそうです。

 

書籍「ストレングスリーダーシップ」中には、

 

「一人一人が万能である必要は無い。それでも、チーム自体は万能であるべきなのだ。」

 

という記述もあります。

 

書籍「ストレングスリーダーシップ」では、上で紹介した4種類の各領域それぞれに優れたリーダー達が、それらを活かして如何に成功したかについてのストーリーも紹介されています。

 

 

紹介されているストーリーは、どれも世界的に超一流とされる企業のトップ達のストーリーとなっており、それらに触れることで自分の模範とすべきリーダー像が見つかるかもしれないですよ。

 

個人的には「戦略的思考力」を活用して成功した米ベスト・バイCEOのブラッド・アンダーソン氏の生き方に憧れます。

 

書籍「ストレングス・リーダーシップ」のレビューはこちら

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク