ストレングスファインダーのアクセスコード取得方法まとめ

MENU

ストレングスファインダーのアクセスコード取得方法まとめ

 

この記事では、ストレングスファインダーを受けるために必要となる

 

ストレングスファインダーのアクセスコード

 

を取得する方法についてまとめています。

 

ストレングスファインダーのアクセスコード取得方法 その1: 特定の関連書籍を購入する

 

ストレングスファインダーの一部関連書籍には、ストレングスファインダーを受けるためのアクセスコードが付録として付いているものがあります。

 

 

2017年8月時点においては、

の4種の書籍にストレングスファインダーを受けるためのアクセスコードが付属しています。(上記の書籍名をクリックすると、それぞれの書籍のレビュー記事に飛びます。

 

この方法でアクセスコードを取得する際のメリットデメリットは下記のとおりです。

 

メリット デメリット

一緒に「ストレングスファインダー」について詳しく解説した書籍が手に入る
 ストレングスファインダーを受けるだけでなく、34種類の”強み”についても学習することができる
 クレジットカードを持っていない方でも受診可能

 書籍を中古で購入した場合、無料診断コードが使用済みになっていることが多い
 ストレングスファインダー受けたいだけの人には書籍が無駄になってしまう(なお、どれも良書なので完全に無駄にはならないと思います)

ストレングスファインダーのアクセスコードが付いた書籍のレビュー一覧はこちら

 

とりわけ、中古書籍の場合はアクセスコードがほぼ100%使用済みになっているため、書籍を購入する場合は新品で購入することを心がけてください。(関連記事:⇒書籍「さあ、才能(自分)に目覚めよう」を絶対に中古で買ってはいけない理由とは?

 

ストレングスファインダーのアクセスコード取得方法 その2: 公式サイトで個別にアクセスコードを購入する

 

 

米国のギャラップ社公式サイト(https://www.gallupstrengthscenter.com)では、

 

ストレングスファインダーのアクセスコード

 

を個別に購入することが出来ます。

 

この方法のメリットデメリットは下記のとおりです。

 

メリット デメリット

 ストレングスファインダーを「受けたい!」と思った時点ですぐに購入できる
 ストレングスファインダー2.0の電子書籍(英語)が付属する

 価格が高い(19.99ドル〜)
 アクセスコードには電子書籍もセットになっているが、英語版のみ
 アクセスコードの購入にはクレジットカードが必須

ストレングスファインダーのアクセスコードを公式サイトで購入する手順説明はこちら

 

関連書籍(約2,000円)を買うよりもお金がかかることが多くクレジットカードも必須ですが、「ストレングスファインダーを受けたい!」と思った時点ですぐに受けられるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ストレングスファインダーのアクセスコード取得方法まとめ 総括

 

以上の2種のアクセスコード取得方法についてのメリットデメリットを総合すると、日本でストレングスファインダーを受ける場合は前者の「特定の関連書籍を購入する」方法でアクセスコードを取得するほうが、

  • アクセスコードの取得にかかるお金が安く済む(書籍はどれも約2,000円)
  • アクセスコードとともに、ストレングスファインダーや【強み】に関して学習できる日本語書籍が手に入る

という点でよりおすすめです。

 

この記事が、ご覧くださった皆様のお役にったのであれば幸いです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ストレングスファインダーまとめサイト - トップページ


スポンサードリンク