バケツ理論 - ストレングスファインダー開発者「ドン・クリフトン」氏が提唱する幸せの法則

MENU

バケツ理論 - ストレングスファインダー開発者「ドン・クリフトン」氏が提唱する幸せの法則

 

ストレングスファインダーの開発者であるドン・クリフトン(ドナルド・O・クリフトン)氏が提唱する

 

バケツ理論

 

について紹介します。

 

ドン・クリフトン氏の提唱する「バケツ理論」は、

  1. 全ての人は、心の中にバケツをかかえている
  2. 人は、心の中のバケツに「認知」「関心」「肯定」「称賛」の4種の水を溜めたいと考えている
  3. バケツに水が溜まるほど人は幸せになり、水が減るほど人は不幸になる
  4. 誰かのバケツに水を注げば自分のバケツにも水が溜まる

といった大きく4つの考え方で説明できます。

 

この「バケツ理論」を実践し、あなたの日常で、

  • 認知: 人に声をかける
  • 関心: 人に興味を持つ
  • 肯定: 人の考え方を認める
  • 称賛: 人を褒める

という行動を意識的にとり、周囲の人の「心の中のバケツ」に水を溜めることで、あなたの「心の中のバケツ」にも同じように水が溜まり、それが良好な「幸せのサイクル」となって

  • 職場の生産性が上がり、楽しくなる
  • 友達が増えたり、親密さが増したりする
  • 家族の絆が強くなる
  • 笑顔が増え、健康度が向上する

といった、生活環境のさまざまな改善が起こるはずです。(具体的な「バケツ理論」の実践方法については、書籍「心の中の幸福のバケツ」にも記載されています。)

 

この記事が、ご覧になってくださった皆様のお役に立てば幸いです。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ストレングスファインダーまとめサイト - トップページ


スポンサードリンク