「好きなことを仕事にするな」は嘘?本当?

MENU

「好きなことを仕事にするな」は嘘?本当?

 

仕事に関してよく言われる言葉のひとつに

 

好きなことを仕事にするな

 

という言葉があります。

 

通例、

  • 好きなことを仕事にしてしまうと、そうしたことで嫌いになってしまうことが多い
  • 好きなことはあくまで趣味としてプライベートで楽しむべき

といった理由で使われることが多い言葉ですが、この言葉は真実なのでしょうか?

 

この事柄に対してアンケート統計をとった興味深い記事を見つけたので紹介します。

 

(外部リンク)R25 30オトコの本音に向き合う

 

上記記事によれば、20代〜30代の男性を対象に「会社員」100人と「自営業・フリーランス」100人に対して

  • 現在、自分の好きなことを仕事にしている?
  • 「好きなことを仕事にしたこと」について、どう思っている?

という2つの質問に関してアンケート調査をした結果、

〈現在、自分の好きなことを仕事にしている?〉

  • はい 62.5% ※会社員の56.0%に対して、「自営業・フリーランス」は69.0%
  • いいえ 37.5%

〈「好きなことを仕事にしたこと」について、どう思っている?〉

  • 仕事にしてよかった 92.8% ※会社員と自営業・フリーランスでほぼ同じ数値
  • 仕事にすべきではなかった 7.2%

という統計結果になったそうです。

 

上記のアンケート結果より、

 

20代〜30代の男性に限れば「好きなこと」を仕事にしていることが多く、かつその9割超が満足している

 

ということが分かります。

 

実際、「好きなことを仕事にする」ことによってモチベーションを高く保つ効果があるのは間違いなく、その観点から言えば

 

「好きなことを仕事にするな」は嘘である

 

と強引に結論付けられるかもしれませんが、個人的にはもう少し観点を広げるべきだと感じます。

 

もし、どんなに「好きなこと」だったとしても、もしそれが「仕事」にする上で「好きなこと」と同様に重要な要素である

  • 得意であること
  • 周囲から評価されること

という要素を欠いていては、それを「仕事」にするのは難しいと言わざるを得ません。

 

残念ながらどんなに「好きなこと」だったとしても才能が無い「不得意なこと」であれば競争力は生まれず、「周囲から評価されないこと」ではそれによって生計を立てることは出来ません。

 

そのため、もしあなたが、「好きなことを仕事にしたい!」と心の底から切望するのであれば、

 

「得意なこと」であり「周囲から評価されること」の源泉になる【強み(才能)】を特定するツール

 

である「ストレングスファインダー」の診断を受けてみることをお勧めします。

 

ストレングスファインダー診断の受け方まとめ記事はこちら

 

ストレングスファインダーによって明らかになる”あなただけ【強み】”とあなたが心の底から切望する”好きなこと”が符合するところにこそ、「あなたにとっての最高の仕事」が隠れていることが多いのです。

 

もし、「好き」で「得意」で「周囲から評価される」ことを仕事にできたならば、自信をもって

 

「好きなことを仕事にするな」は嘘である

 

と言えるはずです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この記事が、ご覧になってくださった皆様の「好きなこと」を仕事にするための一助になったのであれば幸いです。

 

ストレングスファインダーまとめサイト - トップページ


スポンサードリンク