優れた組織は人材育成にストレングスファインダーを活用する!

MENU

優れた組織は人材育成にストレングスファインダーを活用する!

 

優れた成果を上げる組織をつくりあげたいなら

 

人材育成にストレングスファインダーを活用

 

するのがお勧めです。

 

ストレングスファインダーを開発した米ギャラップ社のリサーチによれば、36の企業、7939の組織で働く198000人の従業員に

 

「最も得意な仕事をする機会に毎日恵まれているか?」

 

という質問から得られた回答を分析したところ、「恵まれている」と答えた社員の割合には

  • 従業員の移動(離職)率が低い組織のほうが50%高い
  • 生産性の高い組織のほうが38%高い
  • 顧客満足度の高い組織のほうが44%高い

という明確な差異が見られることが分かりました。(さあ、才能に目覚めよう【第46刷】 P.8より)

 

また、上記の質問に「恵まれている」と答える社員を増やすための取り組みをした組織では「生産性」「顧客満足度」「従業員の定着率」の全ての項目に明確な改善が見られたという結果も報告されています。

 

以上のリサーチから分かることは、「最も得意な仕事をする機会に恵まれている」という社員を増やすことは

  • 組織の生産性向上
  • 組織の提供するサービスによる顧客満足度の向上
  • 従業員の定着率(離職率の低下)

というすばらしい組織を定義する3種類の項目すべての改善に貢献するということです。

 

また、この結果を受けて、新入社員全員に「ストレングスファインダー」を受けることを義務付ける企業や、部下の育成に「ストレングスファインダー」活用する管理職(マネジャー)も増えており、その試みによって望ましい改善見られたという成果が多くの組織で報告されているようです。

 

ぜひ、人材育成に「ストレングスファインダー」を活用し、皆が生き生きと働き、大きな生産性を上げる組織作りを目指してみてください。

 

ストレングスファインダーの受け方に関するまとめ記事はこちら

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加