【共感性】を強みとする人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

MENU

【共感性】を強みとする人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

 

ストレングスファインダーのテストで明らかになるの強みのうち【共感性】という強みを持った周囲の人々を率いて高い成果を出すための具体的手法についてまとめます。

 

また、それを自分自身にも応用することでより高い成果を出すことも可能になるでしょう。

 

 

(1)感情の起伏に過剰反応しないこと

 

【共感性】の強みを持つ人は、他人の喜びや悲しみに対して当事者以上に反応し、まるで自分のことのように喜んだり悲しんだりすることが出来ます。

 

感情の起伏は、【共感性】の強みを持つ人の人生の一部だと考え、それに対して思いやりはすれど、過剰な反応を示す必要はないことを理解しましょう。

 

 

(2)【共感性】の特別さを理解させよ

 

「他人の感情を理解できる」というのは、それが上手くできない人にとっては高度な能力に思えるにも関わらず、【共感性】を強みとする当人にとってはあまりにも当たり前すぎてそれを特別な能力として認識していない場合があります。

 

【共感性】が長所であることを理解させ、それを活かす方法を一緒に考えてあげると良いでしょう。

 

 

(3)結論に至った過程を説明出来るようにサポートせよ

 

【共感性】を強みとする人は、論理よりも直感に頼った結論を下す場合が多いです。

 

しかしながら、【共感性】を強みとする人の「直観的判断」は侮ることができず、往々にして正しい結論であることが多いです。

 

その結論に対して論理的な根拠を示せるようにサポートしてあげると良いでしょう。

 

例えば、「我々がすべきことについて、心の奥底で感じていることを教えてほしい」という質問がそれの助けになるでしょう。

 

 

(4)一緒に仕事をするメンバーに配慮せよ

 

良くも悪くも、【共感性】を強みとする人は周囲の人に影響されます。

 

素晴らしい思想を持った集団に放り込まれれば高いモチベーションを維持できますが、逆に荒廃した思想の集団に放り込まれればすぐに気持ちは萎えてしまうでしょう。

 

もし、何らかのグループを組む機会においては「積極的」「楽天的」な人とチームを組ませると高い成果を期待することが出来ます。

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

【共感性】の特徴 | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【共感性】を強みに持つ人のための行動のアイデア | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【共感性】で人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【共感性】が強みの人の適職は? | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
弱み・短所の克服・対処法(【共感性】が弱みの場合) | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!