2つ目の神話「人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる」: 書籍「最高の成果を生み出す 6つのステップ」より

MENU

2つ目の神話「人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる」: 書籍「最高の成果を生み出す 6つのステップ」より

 

書籍【最高の成果を生み出す 6つのステップ】の「ステップ1:神話を打ち砕け(43P〜82P)」に記述されている2つ目の神話

 

人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる

 

についてまとめました。

 

 

 

世間的に信じられている「2つ目の神話」は

 

人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる

 

というものです。

 

また、この神話に対する真実は、

 

人はもっとも強い分野で、もっとも成長することができる

 

となります。

 

生物学的にも理由は明らかで、

 

「脳の既にシナプス結合がたくさんある領域に新しい結合をつくる方が簡単だから」

 

という理由が挙げられます。

 

また、「自身の強い分野を更に鍛えることによって更なる競争力がつくから」という理由も挙げられます。「自分だけの得意分野」とは、自然があなたに与えた勝利のための戦略なのです。

 

この神話に対して3つの質問の答えを私が考えた結果は以下のようになりました。

 

  1. 「人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる」という神話はどう役立っていますか?
  2.  

    客観的に見ても弱い分野に力を注いで成長させた方が、成長は目に見えるものになり、周囲からも努力をして成長しているように見てもらえるため評価が上がる。

     

  3. 「人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる」という神話を信じることをやめたら何を失いますか?
  4.  

    「弱みの克服」を辞めてしまうと、客観的に弱いと思われる分野を抱えたまま一生を過ごすことになる。また、周囲から責任感の無い人間だと思われてしまうかもしれない。

     

  5. 「人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる」という真実を認めたら何を得られますか?
  6.  

    自分の強みを活かし、それだけに集中することで素晴らしい成果が早く出るとともに早期に成長し、専門家と呼ばれるようなプロフェッショナル人材になれると思う。弱みを克服する以上に周囲から認めてもらえるようになるだろう。

 

皆様も、是非ご自身で上記の三つの質問に対する「自分自身の答え」を書きだしてみてください。

 

きっと、「強みを活かしたよりよい人生」を得るための推進力になるはずです。

 

 

 

最高の成果を生み出す 6つのステップ


スポンサードリンク

関連ページ

強みを活かした生活を送るための大前提: 書籍「最高の成果を生み出す 6つのステップ」まとめ・要約
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
1つ目の神話「成長するにつれ、人の性格は変わる」: 書籍「最高の成果を生み出す 6つのステップ」より
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
3つ目の神話「すぐれたチームのメンバーは、チームのためならどんなことでもする」: 書籍「最高の成果を生み出す 6つのステップ」より
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!