【目標志向】を強みとする人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

MENU

【目標志向】を強みとする人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ

 

ストレングスファインダーのテストで明らかになるの強みのうち【目標志向】という強みを持った周囲の人々を率いて高い成果を出すための具体的手法についてまとめます。

 

また、それを自分自身にも応用することでより高い成果を出すことも可能になるでしょう。

 

(1)自分で仕事をコントロールさせよ

 

【目標志向】を強みとする人の能力は、自身で仕事をコントロールできる環境にあってこそ発揮されます。

 

この人の仕事のやり方に対してはあれこれ口出しをせず、目標やスケジュールの設定に関する意識あわせだけにとどめるのが良いでしょう。

 

(2)定期的な話し合いの場を設けよ

 

【目標志向】を強みとする人は、「仕事に対して干渉されること」は好みませんが「目標や進捗状況を人に対して報告すること」は大好きです。

 

定期的に「目標や進捗状況について話し合う場」を設けると良いでしょう。

 

また、定められた日でなくても、この人が話し合うことを求めたらそれに応じて直接話し合いましょう。

 

「定期的な話し合い」こそが【目標志向】を強みとする人の成長につながるのです。

 

(3)他人の気持ちを考えられないかもしれないことに留意せよ

 

【目標志向】の人にとっての最優先事項は「目標の達成」です。

 

それに対して全力で邁進している場合には、図らずも他人の気持ちを傷つけてしまう場合があることを心にとどめておきましょう。

 

その際にどうやってフォローするのかについて考えておくのも良いでしょう。

 

(4)可能な限り【目標志向】を刺激する言葉を使え

 

【目標志向】を強みとする人は、「確固たる目標」を好むために「軌道修正」が苦手な傾向があります。

 

しかしながら、そのような「軌道修正」を避けられない場合も多々あるでしょう。

 

そのような場合は「軌道修正」という言葉を使うのではなく「新たな目標」や「目標達成への新戦略」といった言葉を使うようにすればこの人のモチベーションを下げることなくすんなりと「軌道修正」を受け入れてくれるでしょう。

 

(5)時間管理能力を高めさせてあげること

 

【目標志向】を強みとする人は「できるだけ早く目標を達成したい」という本能があります。

 

そのため、「時間管理能力を高めるセミナー」などは【目標志向】を強みとする人がもっとも好むセミナーの一つであり、そこで多くを吸収して自身の目標達成能力をさらに高めてくれることでしょう。

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

【目標志向】の特徴 | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【目標志向】を強みに持つ人のための行動のアイデア・成功へのアドバイス | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【目標志向】で人を率いる | ストレングスファインダー&リーダーシップ
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
弱み・短所の克服・対処法(【目標志向】が弱みの場合) | ストレングスファインダー
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!