座らない!成果を出し続ける人の健康習慣-要約・感想

MENU

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣-要約・感想

 

この記事では、「さあ、才能に目覚めよう」でも知られるトム・ラス氏の書籍

 

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣

 

要約・感想についてまとめています。

 

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣-要約

 

書籍「座らない!成果を出し続ける人の健康習慣」は、ウェルビーイングと健康をテーマに、

  • 食べる(食事)
  • 動く(運動)
  • 眠る(睡眠)

という生涯健康に過ごすために必須となる3要素についてまとめた書籍です。

 

米国の有名なシンクタンク(調査会社)として知られるギャラップから出版されているだけあって、

 

健康に関する有益な情報が「豊富かつ正確なデータ」と絡めて紹介された書籍

 

となっており、信頼度の高い健康に関する情報が得られる書籍となっています。

 

座らない!成果を出し続ける人の健康習慣-感想

 

健康に関する情報はネットを検索すれば山のように見つかりますが、本当信頼できる情報をまとめた健康サイトは一握りしか存在しないと言われています。(一時期話題になった「WELQ(ウェルク)問題」などは最たる例ですね。)

 

そんな中、この書籍「座らない!成果を出し続ける人の健康習慣」では健康に関する情報が権威ある論文などのデータによって裏づけしつつ紹介されており、

 

情報の信頼度の高さが他の健康書籍に比べて圧倒的に高い

 

と言えるでしょう。

 

例えば、本のタイトルにもなっている「座り仕事が健康に悪い」という主張に対しては、

  • 座り仕事が多い人たちは死亡リスクが明確に高く、とりわけ心臓病の死亡リスクが激増する
  • 座り仕事が一定時間続くと善玉コレステロールが明確な減少傾向が見られる

といった明確なデータと共に、

  • 血糖値やインスリンの分泌量を安定させるため、定期的に立ち上がり歩行運動をする
  • 理想的な歩行運動の目安は、座り仕事○○分ごとにXX分である
  • 歩きながらや立ちながら仕事をする方法もある(「スタンディングデスク」の導入提案)

といった具体的な改善提案が紹介されています。

 

もしあなたが、信頼のあるデータで裏づけられた「正しい健康習慣」を知り、あなたの健康状態を確実に改善したいと考えているのであれば、大変おすすめの一冊です。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


スポンサードリンク