グッドポイント診断の所要時間と、受診時に確保すべき時間について

MENU

グッドポイント診断の所要時間と、受診時に確保すべき時間について

 

リクルートが開発した【強み】診断ツールである

 

グッドポイント診断にかかる所要時間

 

は、一般に30分程度といわれています。

 

 

しかしながら、私はグッドポイント診断受診時には、以下の3つの理由から

 

余裕を持って「一時間程度」の邪魔が入らない時間を確保

 

することを推奨しています。

 

1つ目の理由は、グッドポイント診断はテストを受ける前に事前に「リクナビネクスト」への個人情報登録をする必要があるからです。診断そのものに加え、登録に10分程度の時間を見ておくと良いでしょう。
※なお、事前登録をあらかじめ済ませておけばこの時間を考慮する必要はありません。(参考:⇒リクナビNEXTの会員登録手順を説明!

 

2つ目の理由は、グッドポイント診断はテスト途中での保存や中断ができない診断テストだからです。途中で中断されることのない、早朝や深夜に時間を確保しての受診がおすすめです。

 

3つ目の理由は、時間に余裕がない状態や、周囲からのノイズが多い環境で集中せずにテストを受けてしまった場合は正しい診断結果が得られるとは限らず、その価値が半減してしまう可能性があるからです。グッドポイント診断で【あなたの強み】を正確に判定したいならば、可能な限りリラックスできる環境でグッドポイント診断だけに集中して取り組んでください。

 

以上の理由から、グッドポイント診断を受ける際は、できるかぎり一時間程度の邪魔が入らない集中できる時間を確保した上で取り組むことをおすすめします。

 

この記事が、ご覧くださった方のお役に立ったのであれば幸いです。

 

グッドポイント診断の無料受診ページはこちら
ストレングスファインダーまとめサイト - TOP

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


スポンサードリンク

関連ページ

【リクナビ診断】転職時の自己PRに役立つ無料診断サービスを紹介!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
転職の自己分析のためのグッドポイント診断活用法
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断を会員登録なしで受けることは可能か?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断はあなたの適職を考える際に活用できる!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
【注意!】グッドポイント診断利用時の注意点まとめ!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断をやり直しすることは可能か?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
あなたのgoodpoint(良いところ)を無料で診断する方法!グッドポイント診断を紹介!
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断を「当たらない」という人の多くがやってしまっているテスト時のミスとは?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断はなぜ無料で受けられるのか?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!
グッドポイント診断の2回目を受けることはできる?できない?
自らの強みを知ることで成功に近づくためのツール「ストレングスファインダー」の使い方や”34の強み”について詳しく説明したサイトです!